注文住宅を建てるときの注意点

  • 家を建てるとなると高額な買い物ですから、最初はとても慎重になると思います。建売住宅ならばどのハウスメーカーの建売にするか、また実際に家を見て決めることができます。
    一方注文住宅の場合は、一から決めなければなりません。ある程度ハウスメーカーの提案を受け、設計士の方に相談しながら決めることになりますし、予算の関係もありますのですべてが思い通りにならないにしてもある程度は希望を取り入れながら決めていくこととなるでしょう。
    家を買う時によく皆が口にするのは、お金の感覚がおかしくなるということです。何千万の買い物ですから、数万円のことが少なく思えてしまうのかもしれません。普段は10円でも安い野菜を探して買っている主婦の方が、家となると5万円くらいなら大丈夫かと考えてしまうものなのです。窓を増やしたり、標準にない壁紙にしたり、キッチンやお風呂などグレードアップするとすぐに何万円も増えてしまいます。勢いで決めないで本当にその値段で大丈夫かということを冷静になって考えた方がよいでしょう。
    また、注文住宅は間取りだけでなく、窓の大きさやコンセントの位置など細かいことも決めなければなりません。ある程度は設計士の方などが提案してくれますが、最終的に決めるのは自分たちです。なかなか図面上で想像するのは難しく実際に住んでみるとコンセントの位置がおかしかったということがよくあります。実際に家具をどこに置くかをある程度決めて、面倒がらずに決めていくことが大切です。

    おすすめリンク

    注文住宅は自分の理想の住宅を形にすることができるのがメリットですが、デザインによっては建物の強度が不足してしまうことがあります。そのため、建築デザイナーと入念な打ち合わせを行うことが大切です。

注文住宅と建売の違い

  • 家を購入するとなった時に、建売住宅にするか注文住宅にするか迷うところではあります。自分の思い通りの家にしたいという方は注文住宅にすることになるでしょうが、一からすべて決めていかなければならないため、時間や手間がかかりますし建売住宅より高くなることが多いのです。土地がない場合は土地から探さなければならないために時間と手間が余計にかかります。そのために諦めて建売住宅を購入する人も少なくありません。
    一方建売住宅は、特に決めることもなく出来上がっていますので決めることも少なく早くに入居することができます。内覧してみて気に入れば購入して住めますのでとても便利ではあります。また注文の場合は家ができあがっても外構工事をしなければならないので工事の期間が長く感じますが、建売住宅の場合は外構もできていますので駐車スペースがある場合はすぐに車を停めることもできます。
    規模の大きい建売住宅の場合は、外観や外構が統一されている場合が多く見た目にも圧巻です。逆にみんな同じような家ばかりだという考えもあります。また既に建っている建売住宅の場合は家を建てていえる過程を見る機会がないため心配だという声もあります。
    建売住宅と注文住宅はどちらにもメリットとデメリットがあります。高額な買い物ですから予算によっては希望通りにいかないこともありますし、思った以上に金額がかかってしまうこともあります。一生にそう何度もない買い物ですからよく相談して決めることが大切です。